Chromeで動画がスムーズに再生されない時は

動画配信

WebブラウザのChromeは使い勝手がよく、利用されている方も多いブラウザです。

ところが、そのChromeでYouTubeやニコニコ動画などの「ブラウザ内で動画を試聴するサービス」を利用した時に、映像がカクカクしてしまうことがあります。

この現象は、パソコンやビデオカードの処理能力が原因になることもありますが、他の要因で起こることもあります。
下記の対処法も、その要因の一つを解決するものなので試してみる価値はあるかと思います。

1. アドレスバー(URLが表示されているところ)に「chrome://plugins」と入力する。

flash1

2. プラグイン一覧が表示されるので、右上にある「詳細」をクリックして、プラグインの詳細情報を表示する。

flash2

Flash Playerの項目にある「pepflashplayer.dll」を探し「無効にする」をクリック。

flash3

簡単に言うと、Flashのプラグインが重複して入っておりお互いを邪魔するので、片方をオフにしたということです。
今回はpepflashplayerをオフにする手順で紹介しましたが、人によっては逆のプラグインをオフにした方が速くなる場合もあるそうなので、そこは両方試してみてください。

なお、FlashPlayerをアップグレードすると、この設定は勝手に戻りますので、たまに確認した方が良いかもしれません。


コメントを残す