杉山新さんによるI型糖尿病の子どもたちへの支援

以前、イベントにも参加してくださった元ヴァンフォーレ甲府の杉山新さんがクラウドファンディングを始めました。

新さんは自己免疫疾患であるI型糖尿病を発症したあとも、上手く向き合いながら10年以上プロ選手として活躍し、今も指導者として活動をなさっています。

このクラウドファンディングによる資金は、杉山選手と同じくI型糖尿病と向き合いながらサッカー界のトップクラスでプレーを続けているレアル・マドリードの「ナチョ・フェルナンデス選手」の試合を、同じI型糖尿病の子どもたちに現地で観てもらうために使われます。

自己免疫疾患という「自分のせいでもなく、治ることもない」病気と向き合いながら活躍するプロの姿を、同じ病気を持つ子どもたちにも見せたいという試みです。

詳しくはリンク先をご一読いただければと思います。

https://readyfor.jp/projects/13501


コメントを残す